じゃんぴん とぅ まぃ どりーむ

JUMPに心持ってかれたアラサー主婦のひとりごと。

ジャニオタのエリート街道まっしぐら

もくみんには、もうすぐ3歳になる娘がおります。

母親がこんな感じなので、いつのまにやら娘もJUMPに染まってきておりまして。

 

この、ブログのタイトル『じゃんぴん とぅ まぃ どりーむ』も、娘がJUMPのことを呼ぶときに、何故か じゃんぴん とぅ まぃ どりーむ と言っていた時期*1がありまして。略すどころか、すっげー長くなってるという。笑

で、こんなタイトルにしてみた訳です。

 

そんな娘のJUMPにまつわる話を、書き出してみます。

 

毎朝Eテレを愛してやまないが、木曜朝だけは、めざましをつけていても文句を言わない

むしろ、番組が終わると「いのちゃんはぁ~?」と聞いてくるくらいです。いのちゃん×動物園 だったイノ調*2は、彼女のなかで神回だったようです。

 

何かを見せるときの口ぐせは『どうですかぁ~?』

こんなんどこで覚えてきたんだろう…と思っていて、ハッとした。JUMPing CARnival コンのBESTコーナーで、スーツをあてがいながら、あの高木雄也が発したセリフではないか…!!

 

ケースに入ったDVDを、まるでDJプレイのように動かしながら『UNION』を歌い出す

はじめはDVDに何しとんねん!と思って見てたけど、「うぉっうぉーうぉーうぉー♪」って歌い出した時にはびっくりしたよね。

DJ DAIKIもびっくりだと思うよ。笑

 

withコン鑑賞してたら、急に『あっ!ひかる!』と、光くんを初めて認識

JUMP認識度…4/9。いのちゃん、大ちゃん、けーとは、私が事あるごとに教え込んだからなんだけど、光くんをそんなにプッシュした覚えはないので、多分自発的に覚えたのだろうと。なんだかよく分からないけど、母ちゃん無駄に感動した。

ヒカちゃんもきっと喜んでいるよ。笑

 

友達感覚で『いのちゃんはぁ~?』って聞いてくる

よく友達の名前を「○○ちゃんはぁ~(今何してるの)?」って聞いてくるのだが、それと肩をならべて、伊野ちゃんの名前が出てくる。なので、「お仕事じゃん?」とか「伊野ちゃんもご飯食べてると思うよぉ~」とか、適当なこと言って娘の行動を促すのに一役買っている。ありがたや。

 

すべり台の上でマジサン熱唱

それも「お前が好きだ♪」の指さしから入る。母ちゃんいろんな意味でハラハラドキドキしてます。まぁ、近所の公園大抵貸し切りなので、今のところ問題なし。笑

 

子守唄は『ただ前へ』

就寝時に「何か歌う?」と聞くと、「JUMP歌ってぇ~」と言われるので、これをゆっくり歌う。と、寝る。なので、唯一私が歌詞を全て覚えている*3貴重な一曲。とってもいい曲なので、私も大好き。

 

JUMP 歌のレパートリー

UMP、Score、ペトラ、UNION、ただ前へ、マジサン

部分的だけどね。

 

 

このまま成長したらどうなるんだろうか。でも、なんか楽しいからよいか。笑

そんな、幼少期*4からジャニーズの英才教育を受けてしまっている娘の話でした。

 

*1:現在は普通にJUMP呼びになりました

*2:2016.6.9 OA

*3:歳のせいだろうか…なかなか全ての歌詞を覚えるのは困難な今日この頃…

*4:正確には0歳から嵐を聞いて育っているので、なかなかのキャリア。笑