読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃんぴん とぅ まぃ どりーむ

JUMPに心持ってかれたアラサー主婦のひとりごと。

伊野尾慧のファンであることと3.11。

Hey!Say!JUMP TV番組 めざましテレビ 伊野尾慧

 

時間がなくてなかなか見られなかった、伊野尾くんの、めざましテレビでの東日本大震災の取材。

東日本大震災から6年…3.11に生まれた子は今…。

子供の成長に当てはめると、時の流れの早さをすごく実感しますね。もう小学生になるんだね。

石巻を訪れ、3.11に産まれた子達とふれ合い、家族の話を聞く伊野尾くん。そんな映像を、伊野尾くんが生でナレーション。

なんか、もう、なんだろうな。私は伊野尾くんのファンだけど、伊野尾くんのファンだから見たんだけど。

私は見ても泣かなかった。

別にナレーションの途中で涙ぐんでしまった伊野尾くんが悪いとかそんなんでは一切ない。

それは、本当に彼が被災地のことを考えてずっと寄り添ってきた結果なんだと思う。被災地の写真も伊野尾くんが昔撮影したものだったし、事務所に所属している身でどうしたら被災地に行けるか…大学のことでなら大丈夫じゃないかって研究室を選んで、被災地で活動して、大学生として新聞にまで載って、いろいろなものを見て聞いて触れてきたその経験があるからこそ、『東日本大震災における小中学校の避難計画のあり方』を研究して卒論を仕上げたからこそ、今こうして子どもたちがキラキラとした笑顔でいられることへの想いが、これからもたくさんの東北の子ども達が笑顔で成長していくためにはどうすればいいかという想いが、強く溢れたんだなぁとは思いました。

ただ、私の場合は、震災関連をまだ自分のなかで消化しきれてない、むしろ咀嚼もできずに飲み込んだみたいなところがありまして。ちょっと状況が特殊でね。まぁ、全く何もなかったわけではなく。いろいろとあったけど、東北の方々に比べたらそんなの大変だなんて言えないレベルだし、状況が特殊だから共感してもらえる人も少ないし…っていう背景があるってのもあるかと思われます。

 

伊野尾慧を通して3.11をみる

3.11を通して伊野尾慧をみる

 

前後を入れ換えるだけで結構違ってくると思うの。 

でも、それをどちらで捉えるかは人それぞれだから、それぞれでいいんだと思う。

私はというと『伊野尾慧を通して3.11をみる』でありたいという想いから、こんなブログを書いている。

 

まぁ、そうは言ったものの。行き着く先が「伊野尾くん優しい」とか「伊野尾くんでもらい泣き」とか「伊野尾くんが頑張ってきたことが実を結んでいる」とか「やっぱり伊野尾担でよかった」とか「伊野尾くん見直した」とか「伊野尾くん感心する」とか「伊野尾くんありがとう」で、あったとしても。3.11のことを少しでも考えたり知れたりすることはいいことなんだと思う。特に、JUMPファンは若い子が多いから、伊野尾慧が主だとしても、そこから3.11の何かを少しでも知ることって、感じることって、とっても意義のあることだよね。
だから、この伊野尾くんの経験の積み重ねが、これから先も続いていけたらいいなって思うし、伊野尾慧ってすごいなって思うんだけど、なんだかその感情はどこか他人事なんだよなぁ。自分でも、よくわからないし説明できないけど。めんどくさいやつなんですよね。あは。

結局、伊野ちゃんが出てなかったら見なかった人がたくさんいるわけで。たぶん自分も見ていないだろうし。そしたら、こんなにも3.11について考えたりしなかったろうから。
すごく重大な役目を果たしてるんだとは思うの。アイドルのお仕事ってほんと無限大。

 

まぁ、どちらにせよ。

3.11を考えるきっかけになることに変わりはないからね。

私たちにできること。それぞれにやってけばいいよね。

防災バックを点検するでもよし、学校の避難訓練を真面目に取り組むでもよし、家族と災害について話すもよし、観光するもよし、募金するもよし…

個人的には観光いきたいな。観光!!

週末のズムサタは、女川の新スポットを義堂さんが紹介してて、めっちゃ行ってみたい!!って思ったよ。さんまパンとか、ダンボルギーニとかあるんだってさ!!

気になるよね…

3.11を、子どもという希望を通して振り返り見つめていくことも大事だし、未だに大変な思いをしている人がいることも忘れてはいけないことだけど、こういう報道も大事だよね。だから、伊野ちゃんにもあのいつもの感じで、復興地のグルメをうまいうまい食べてほしいな。伊野ちゃんでなくてもいい。ジャニタレが復興地でバンバンロケしたら、ジャニオタがロケ地巡りでバンバンお金落としそうなものですけど、どうでしょうかね…??もちろん、マナーは守って行こうね。そんなの大前提だが。

あと、私は隣県ってこともあるんだろうけど、福島県産を避けたりしない。むしろ、よく買ってる。お米も買うし。野菜も買う。
自分の県も風評被害あったしね…
でも、こうして元気にJUMP応援してるから大丈夫!!なんの問題もない!!
ま、そこは、価値観の違いだからね。私はそういうスタンスで生きてますって話です。

 

ってか、なんのブログ?これ…( ^ω^ ;)

とりあえず、なんかもう自分でもよく分かんないけど、こうなってくるともう、伊野ちゃんっていろんな意味ですごいな。うん。

 

なんか気持ちまとめるの難しすぎると思ったから、この話題をスルーしようかとも思ったんだけど、なんかそれもなぁ…とかいろいろと考えあぐねた結果、こんなことツラツラと書いちゃったけど…。

これが、伊野尾慧のファンとしてみた、私のめざましテレビの感想です。

もはや、別の話題感も拭えませんがね。あは。

 

よし。今日からまた1週間がんばろう(*^^*)